武水しぎの

武水しぎの

index

E

水道代は語る

2005年7月15日

 毎月何気なく払っている水道代。
ある一定規模以上の賃貸マンションでは、家主か管理会社が検針して水道料金を入居者に請求します。
すなわち、われわれ大家(管理会社)からすれば、毎月メーターをチェックし、料金表と照らし合わせて請求していくわけですが……日々使うものだけに、わずか月一回のチェックでさまざまなことを物語ってくれます。
だいたい、どのご家庭でも、どの程度水を使うかは決まっているものです。そりゃ同じような家族構成でも、生活の仕方によって、倍以上使用量の違うこともありますが、同じご家庭ではほぼ一定であるのが普通です。
ですから、「あれ?」と思うのは普通じゃない場合。

あるとき、ワンルームマンションのある部屋で。いつも基本料金の人が、いきなり使用料が跳ね上がりました。これは……、と思って見に行ってみると、やはり、です。
男性ひとりのご入居のはずが、女性の服がベランダに干してあるじゃあ、ありませんか。無断入居発覚! であります
その昔、高野長英が潜伏生活をしていたときに、苦労したのは排泄物の始末であったとか (みなもと太郎風雲児たち 参照(^^)。水洗便所の普及した現代では、捨て場所に困ることはありませんが、水道の使用量にはっきり現れるものでございます。

ある部屋のメーターは、ほとんど動きません。普段から動かないというのは、単身者の場合、家は寝るだけの場所なのでそうなることもときどきあります。これが、いつもは適当に動いているのに、急に動かなくなったとき。
ワンルームならまず、帰省か旅行を考えます。
ファミリーの場合……。 …………夜逃げ……???
他の状況とも照らし合わせないとナントモ言えませんが、そういうケースもあるにはあります。

あるご家族が入居されました。家族構成の割には使用水量が多いので、まぁそういうご家庭なのね、と思っておりました。
あるとき、そのご家族でご不幸がありました。聞けば長く療養生活を送っていたそうで。お葬式を境に、使用水量がかたんと減りました。お葬式にも出席しましたが、検針後請求書を作るときに、なんとも言えぬ物悲しい気分になったものです。

ある月から、急に使用水量の増えたご家庭がありました。
こころあたりがないか、聞いてみました。
いや、ファミリー物件ですし、無断同棲を疑ってるわけじゃありません。……実をいえば、たまぁに内妻の方を住まわせてる人の場合、入居者が入れかわってたり、なんてこともないわけじゃあありませんが、ま、レアケースでございます。
こころあたりを聞きますのは、実は水漏れの疑いがあるからです。入居者の方の気づかないところでの水漏れってのありますし。
「こころあたりはない」というご回答でも、一応水漏れの可能性を伝え、家中の水栓を閉めても水道メーターの▲がくるくる回らないかを見てもらうことにしてます。

入居者の方々も、さまざまでございまして。
まったく水道代を気にしてない人もいますが、しっかり見ていて、
「なんで今月はこんなに高いのよ!」
というお怒りのお言葉を頂戴することもございます。ウチは検針値を請求書に添付してますので、
「メーターと照らし合わせてください」
とお答えします。
「それでもいくらなんでも高い!」
となお怒られたこともありました。
その謎とからくりは別のお話にて。

大家さんのよもやま話へ戻る
サイトトップへ戻る