武水しぎの

武水しぎの

index

E

仲介手数料を考える

2005年9月15日

 うちの物件は築古です。だから家賃が安いです。2万円台のもあります。
だからよく思うんですが、仲介手数料、貸し借り合わせて1カ月分が上限って、安すぎませんか?

だってね、来店されたお客さんを物件に案内し、家主と交渉し、一つの契約に一人の従業員が拘束される時間を想像してみましょうよ。んで、それに時給換算した賃金をかけてみる。んで、有資格者に重説させて、その責任もとらにゃならん。しかも成功報酬。そのうえで利益がでないと商売にならんわけです。

電化製品の修理だって、メーカーのサポートに出張してきてもらうと、何もしなくても数千円かかるんですもの。
どう考えても、仲介業務が2万円台でできるわけない!
いや、じゃ、どれぐらいならペイするかというと、業者さんによって違うでしょうけど。それに2万円台っていうのも数的には少ない方だと思いはしますけど。
賃料の高い高級物件や、地域的に賃料の高い物件はどうか知りませんが、賃料の下げ傾向の強い今日このごろ、こんなんじゃ業者さんに高いモチベーションを持ってくれ、と言う方が無茶なんじゃないかと思いますよ。

賃貸仲介業者の営業姿勢に関する苦情はいろいろ聞きます。またわたし自身も不満のある部分はあります。でもこんな薄利多売にならざるを得ない報酬体系では、1件1件がついおざなりになるのも、ある程度は当然の帰結に感じます。

こちら(大家)も安いお金しか出さないんじゃ、自分ちの物件には来てもらえないんで、「広告料」という名目で成功報酬を上乗せするのは、よくやることです。でも実態のわからない広告料ってのもなぁ。

一方業者さんの方は、純粋に賃貸仲介だけじゃ商売にならないんで、物件管理に軸足を移したり、引っ越し屋さんや消毒業者さんと手を組んで、なんだかんだと稼ぎのネタを考えます。

仲介部門・管理部門と分かれているような大会社なら、それでも従業員は自分の部署の仕事をきっちりやろうとするでしょう。でもほとんどの不動産業者は、1店舗の従業員は数人。そのメンツが仲介も管理もその他の業務も兼ねてやるパターンがとっても多い。そりゃあ、儲ける仕事の方に力が入るのは当たり前ですわな。

賃貸仲介の業務は、安い物件でも、高い物件でも手間はほとんど同じです。高い物件ほど、仲介業者の責任が重い=イザというときの損害賠償額が大きいから、「賃料の1カ月分」という考えで宅建業法は定められてるんだと思います。それはそれで一理ありますが、書類作成とかの純粋な手間の部分は別だてでもいいんじゃないでしょうか。

大家の出す「広告料」も成功に関わりなく、どんな広告にナンボ。

業務は35条(重要事項説明)と37条(契約書交付)と物件への地図・貸主の連絡先を渡すだけ。あとは全部自分でやってね、という最低限の業務はしかしない。でも手数料もすごく安い。

至れり尽くせり、アフターケアまで万全。でも報酬の高い高級(?)コース。
そんなふうにいろいろあってもいいのにな、とときどき思います。

弁護士などの士業の報酬も自由化される時代。宅建業の報酬も自由化検討の時期?

大家さんのよもやま話へ戻る
サイトトップへ戻る