武水しぎの

武水しぎの

index

E

相見積の重要性

2010年3月 7日

普段の改装は、いつもの改装業者さんに発注します。見積はとりますが、いちいち相見積はしません。
でも防水工事とかの大きな修繕は相見積とります。
お部屋の改装でも全面改装時には相見積もりにすることがあります。

コストカットのために相見積?
その側面もありますが、相見積を取る効能はそれだけじゃないんですよ。

分譲マンションの大修繕では、建築士に仕様を書いてもらい、それに沿って入札方式での相見積、という手法がとられることがあります。場合によっては建築士の工事監理のもと、さらに分離発注してコストを抑えることがあります(コンストラクションマネジメント)。

この方式は賃貸オーナーにはけっこう敷居が高いんですね。

★ 信頼できる建築士さんと知り合える機会が少ない
★ 設計料や工事監理料をついつい惜しんでしまう(修繕時は保証制度がないものが多い。防水は工事業者の10年保証が一般的だけど、つぶれればおしまい)
★ 普段のつきあい(改装業者や管理業者)に言いにくい
★ 建物規模が小さいので、設計料や工事監理料に割高感がある。

で、私もケチくさい家主のはしくれですから、費用を抑えるため、普段づきあいの業者さんも含めて数社に相見積もりをとるわけです。
普段づきあいの業者さんの顔もたちますし(やっぱり費用的にはがんばってくれやすいし)。

で、本題です。コストカット以外の相見積もりの効能。

実は同じ工事を頼んでも、業者さんによって違うんです。全体の費用や単価だけじゃないですよ。

「項目の立て方」「数量」

これが大事。
全体をどのような項目をたてて、それぞれの項目に対してどのような数字を拾ってくるか。

単価を安く、数量を大きく、なんて業者がまれにいますが、そういうのはすぐばれます^^;

各社の拾ってきた数量の違い、項目の違いを精査し、わからない所や違いの理由を質問します。
そうしますと、

Aという項目がBの項目の中にまとめられている業者があったり(だから項目Aの単価が高くなる)
単純に見積落ちが見つかったり
細かな提案の違いが掌握できたり
各業者の工事に対する微妙な考え方の違いがわかったり
追加すべき工事、近いうちに必要になる工事がわかったり


するのですね。値段だけでない相見積もりの効能。
一社だけだと、これらのことって、ついつい素通りしちゃうのです。

なんの工事をするのかわからないどんぶり一式見積はもちろんNGですよ。

大家さんのよもやま話へ戻る
サイトトップへ戻る