武水しぎの

武水しぎの

index

E

執念の踏み倒し男

2003年11月 1日

これはO家さんがまだ自己管理物件での話です。

佐藤さんは家賃滞納の常習者です。2-3ヶ月遅れては振込、また3ヶ月遅れては2ヶ月分振込ということを繰り返していました。
それでも1ヶ月分ごとに振込まれるとまだいいのですが、適当な額を振込まれるのです。

たまりかねたO家さんは直接集金にいきました。
「こんにちは。O家ですけれども、家賃の集金に参りました。○ヶ月分で345678円お支払いいただきたいのですが」
ドアを開け、じろりとO家さんを不審そうに睨んだ佐藤さん。しかし入居のときに直に会っているので、面識はあるはずです。
「1ヶ月分だけでもお支払いいただけませんか」
じろり。と佐藤さん。
「払ってないのは△ヶ月分と1234円で、432109円のはずだ」
O家さんは内心あせりました。適当な額を振込まれるので、滞納額への充当の計算がややこしくなっていたのです。
「……金額はまた帰って確認しますが、とりあえず今月分だけでも」
「きちんと計算しなおしてから、出なおしてこい」
確認が足りなかったのは、O家さんのミスです。その場はすごすごと帰るしかありませんでした。

さて、きちんと計算しなおしたO家さん。
額は先日佐藤さんが言った通りでした。それにしてもいきなり集金に来られたのに、未払い額を把握しているあたりがスゴイです。
再び集金に行きました。
また、じろり、と佐藤さん。
「財布は家内が持ってる。家内に言ってくれ」
とりつく島もありません。

同じようなやりとりを繰り返しながら、ときどき振込がありましたが、だんだん振込の間隔が開いてゆき、ついに6ヶ月入金のない日が続きました。
ここにいたって、ようやくO家さんは弁護士への依頼を決意します。
佐藤さんは「払う」と弁護士に返答しましたが、相変わらず支払はありません。さらに3ヶ月が過ぎ、契約解除と明渡し・滞納家賃の請求の訴訟となりました。
法廷に佐藤さんは現れなかったので、すぐに勝訴は決定しました。
しかし、佐藤さんは平然と住みつづけています。家賃も払われないままです。

強制執行の手続きがなされ、佐藤さんは引っ越してゆきました。行き先は隣町の賃貸住宅です。動産に対する執行もされましたが、差押えられたのは金額にして6万円ほどでした。引越し費用もO家さんの負担です。執行官にたいする支払も、もちろん弁護士に対する支払もあります。

O家さんはこの時の初期の対応の遅れをふかーくふかーく反省したのでした。

大家さん事件帖へ戻る
サイトトップへ戻る